ケアマネ試験合格発表から 研修書類が届くまで

ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)、合格後の流れをここでまとめます。

  • ネットで合格発表
  • 合格通知はがきが届く
  • 研修申込書等の書類が届く

筆者が神奈川県で2016年に受験したケアマネ試験の合格発表時のまとめです。各地の主催者によって異なる部分があります。参考にご覧下さい。

インターネットで合格発表

ケアマネ試験の合格発表は、インターネットで合格者の番号一覧が見られます。

ただし、合格者の受験番号が見られるのは、受験申込をした時に「合格発表時に受験番号を掲載する(開示を希望する)」に希望した人のみです。従って掲載を希望しなかったら、合格しても番号はインターネットに掲載されません。

アクセス集中対策

合格発表のページにアクセスが集中して、一時的にアクセスが不安定になる可能性があります。アクセスが安定したら、合格者の受験番号が掲載されたpdfファイルをダウンロードしましょう。

インターネットで番号が見られるケースもあります。一時的なアクセス集中による影響を受けやすいです。番号一覧が最後まで表示されず、掲載を希望したはずなのに、自己採点では合格しているはずなのに、自分の受験番号が無い!となる事もあり得ます。

筆者が受験した2016年試験の発表時は、アクセスが集中したのかややアクセスしづらかったです。ここ最近は受験生そのものが少ないので、あまりアクセス集中は無いかも知れません。

別途、ダウンロードできるpdfファイルがあれば、pdfファイルをいったんダウンロードし、端末に保存しておきましょう。じっくり番号を探す事ができます。インターネット環境が無い所・不安定な所でも、安心です。

平成30年度 介護支援専門員実務研修受講試験(第21回) 合格者 受験番号(掲載希望者のみ)

pdfファイルの合格者番号一覧。開示希望者のみの掲載なので、掲載されていないから不合格とは限りません。

自分の番号があるはずなのに、無い場合

合格しているはずなのに自分の受験番号が掲載されていない。確実なのは合格通知はがきが来るのを待つ事です。

  1. 「受験番号の掲載を希望」に✔(チェック)していましたか?
  2. 自己採点が間違っているかもしれません。
    実際に、筆者は保健医療福祉サービス分野が、自己採点よりも1点少なかったです。
スポンサーリンク

合格通知はがきが届く

合格通知(結果通知)は「はがき」で届きます。簡易書留なので配達員との対面受け取りです。

もちろん中は見られない、貼り合わせ式のはがきです。剥がすと内面に合否が記載されています。

配達日指定郵便でもあるので、合格発表前には配達されません。合格発表当日の、通常の配達時間帯に配達されます。速達ではありませんでした。

合格通知のはがきは対面受け取りのため、不在だと再配達を待つか、自分から郵便局に取りに行く必要があります。

はがきに書かれている内容

はがきには試験の結果や得点が記載されています。

  • 試験日、試験の結果、氏名、受験番号
  • 成績(介護支援分野の正答問題数、保健医療福祉サービス分野の正答問題数、二つの分野の合計)

以下の画像は、はがきを開いた中身の例です。

2016年に神奈川県で受験した筆者のはがきを元に作成しています。

合格通知はがき

合格通知はがきの例

研修申込書等の書類が届く

合格通知のはがきが届いて数日後に、研修申し込みに必要な書類が届きます。

  • 受講と日程の案内
  • 受講までの流れ
  • 研修日程表
  • 受講の手引き
  • 受講料振込用紙

等が封筒に入っています。できる限り早めに手続きをしましょう。

諸事情により受講を辞退される場合は、主催者へ連絡をして下さい。研修の受講権利は、合格したのですから無効にはなりません。

筆者の受講時は人数が多かったので、日程は6コースに分かれていました。早く始まるコースは早く終わるので、希望者が多く、早めに申し込み手続きをしないと、第二希望・第三希望の日程になってしまいます。

まとめ

インターネット合格通知のはがきの2つで、合格を確認できます。

万が一、はがきが受け取れなくても、研修申し込みに必要な書類が別途配達されます。配達されたら「合格確定」です。合格

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事