ケアマネ試験勉強、これで一発合格!独学おすすめ教材

ケアマネ試験対策をそろそろ始める頃です。筆者が一発合格した教材と同等の一式をここで紹介します。

筆者はニチイ学館の通信講座で一発合格しました。そこで使われていたのが、中央法規出版の教材です。

なお、通信講座ならではの「模擬試験3回分」は、市販されていません。他の教材で代用とします。

最低限必要な組み合わせ

ケアマネ試験に合格するには、最低でも以下の3種類の教材が必要です。

  • テキスト
  • 過去問題集
  • 予想問題集(模擬試験)

それぞれの役割をみていきます。

注意

教材は必ず最新版を購入して下さい。古い年度の教材は、法改正や最新の出題傾向に沿っていません。貴重な時間や労力が無駄になってしまいます。
スポンサーリンク

テキスト

試験に出る範囲の内容をまとめた本です。一つの項目の最終ページに確認程度の過去問が付いています。

項目ごとに目を通し、何となくで良いので理解しましょう。その後、過去問題集に取り組むという流れになります。

テキストは「辞書」的な役割です。過去問題集予想問題集に取り組んだ後の復習に活用します。

じっくり読んだり、完璧に暗記しようとしないほうが良いです。問題集に触れてからのほうが、効率的に暗記事項が整理できます。

時間に余裕があるなら、ノートを作ってまとめても良いです。が、積極的にはおすすめしません。ノートを作り始めると、得てしてノートを作るのが目的になってしまうからです。

過去問題集

試験勉強を始めた頃の、メインとなる教材です。項目ごとに取り組み、項目ごとにテキストを戻って復習します。

過去問題を通して初めて、テキストに書かれていた事が、どのように出題されたか分かります。テキストを読み込むよりも、過去問題に接したほうが断然効率が良いです。

テキストを読めば「分かったつもり」になり、「多分、問題は解けるだろう」と思いがちです。実際に過去問題に取り組む事で、知識と対応の仕方が習得できます。

過去問題集のうち、特に「一問一答形式」が取り組みやすく、おすすめです。

というのも「5つの選択肢から、複数(2つか3つ)を選ぶ」ケアマネ試験。本試験と同じ形式だと難しく挫折しがちです。

一問一答形式なら、少しずつ攻略できます。問題数は増えてしまいますが、一旦攻略できると芋づる式に、一気に攻略できます。

おすすめの過去問題集は「一問一答形式」です。

「一問一答形式」ではない、年度別に過去5回分ずつ収録された過去問題集もあります。

予想問題集

過去問題集をマスターしても、ケアマネ試験対策には不十分です。予想問題集での対策は絶対に必要です。

テキストや過去問題集と同じ出版社で揃えると、テキストや過去問題集に戻って復習をするのに都合が良いです。

予想問題集は試験勉強の後半で取り組みます。具体的には過去問題集をほぼ全てマスターしてから、取り組むのがおすすめです。時期としては早くても夏以降になります。

また、出版社によって出題の癖が違います。違う出版社の予想問題集(または模擬問題集)も購入して取り組みましょう。
筆者はユーキャンの予想模試を購入して活用しました。こちらの予想模試は難しく、ヒヤリとさせられました。
ここで紹介した教材を活用すれば、ケアマネ試験合格が見えてきます。もちろん一番必要なのは、教材を信じて繰り返し活用する事です。
ちなみにニチイの通信講座には、ニチイ独自の模擬試験が3回あります。市販はされていません。代替として、試験が近くなると実施される模擬試験の受験をおすすめします。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事