介護福祉士国家試験

介護福祉士になるには様々な方法があります。ここではこのページに来た方が求めていると思われる、「実務経験ルート」のみに焦点を当てます。

ポイントは「実務者研修を早く修了する事」です。

実務経験で介護福祉士になるには
  • 介護福祉士国家試験の受験資格を得る
  • 試験を受験(1月下旬)し合格(3月下旬)する
  • 合格後、介護福祉士の登録手続きを終える(4~5月)

実務経験ルートとは

介護福祉士国家試験を受験するためには、条件を満たす必要があります。

ここで紹介する実務経験ルートは、4つある受験できる条件の一つです。おおざっぱに言うと、介護の学校出身でなくても介護の仕事をしている事で、受験資格が満たせるルートです。

各ルートの詳細は以下のサイトをご覧下さい。

受験資格(資格取得ルート図):社会福祉振興・試験センター

実務経験ルート以外のルート

実務経験ルート以外のルートを挙げます。

  • 養成施設ルート
  • 福祉系高校ルート
  • 経済連携協定(EPA)ルート

これらのルートは、それぞれの機関で受験の指示を受ける事になります。

スポンサーリンク

受験の条件を満たすには

筆記試験の前日までに、2つの条件を満たす必要があります。

  • 実務経験
  • 実務者研修

年齢、国籍、性別、学歴の条件はありません。

実務経験

実務経験はさらに二つの条件を満たす必要があります。どちらか片方を満たすだけでは、受験できません。

  • 従業期間3年間(1095日以上)
    在籍していればOKです。有給、産休、育休期間も含まれます。
  • 従事日数540日以上
    実際に仕事をしていた日数です。有給、産休、育休期間は含まれません。

実務者研修

実務者研修を修了している必要があります。実務者研修の受講の条件(学歴や実務経験)はありません。

実務者研修は一度取得すれば大丈夫です。有効期限はありません。早めに受講して修了するのがおすすめです。

受験前に修了するような日程では、申込者が殺到して締め切られている可能性があります。最悪な場合次年度の受験になってしまいます。

早めに受講するのをおすすめするもう一つの理由は、「介護技術が向上する」事です。

本は読んでいれば知識として入りますが、実技指導は受講しないと受けられません。体の動かし方、コツが、体で覚えられ実務で即生かせます。

実務者研修は民間の業者が対応しています。申し込みは都合の良い学校を自分で選んで下さい。

ここでまとまった出費が必要になります。その代わり、以前は必須だった「実技試験」が免除されます。もし、以下の資格を持っていれば、免除になる科目があり、受講料が節約できます。

  • ヘルパー(訪問介護員1級、2級)
  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員基礎研修

スポンサーリンク

国家試験に合格する

介護福祉士国家試験を受験し、合格します。

受験の申し込み期間は、毎年8月頃から約1か月間です。試験は翌年毎年1月下旬、合格発表は3月下旬です。

試験の難易度はそれほど高くありません。しかし、きちんと対策を立ててしっかり勉強しないと、合格はできません。

実技試験は免除

実務者研修の修了をもって、実技試験が免除されます。以前は筆記試験合格後に、実技試験を受験する必要がありました。

手間はかかりますが、筆記試験さえ合格すれば良いのです。

登録手続きをする

合格後、登録の手続き書類を提出します。介護福祉士登録証が手元に届けば、正式に介護福祉士と名乗れます。

合格発表は3月下旬、登録証が手元に届くのは4月~5月頃です。新年度の4月から介護福祉士として仕事をしたくても、間に合いません。

合格後に介護の仕事を継続していても、介護福祉士ではありません。登録証が手元に来て、初めて介護福祉士を名乗れます。

介護福祉士になれば、手当が付きます。その手当も登録証が届いてからです。給料に反映されるのは、どんなに早くても4月分からになります。

スポンサーリンク

まとめ

実務経験と照らし合わせて、実務者研修修了のタイミングも調整しなければなりません。

実務者研修は前倒しで・早めに受講しておくのがポイントです。実務においても役に立つ内容ですので、無駄になりません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事