介護福祉士国家試験

介護福祉士の筆記試験は一発合格できます。ここでは一発合格するために、必要な教材を紹介します。

必要な教材は

  1. 過去問題集
  2. 予想問題集

の2つだけです。筆者はこの2つだけで合格しました。

必要に応じてテキスト(教科書)を買い足しましょう。

過去問題集を攻略する

介護福祉士の筆記試験は、過去問題集からいきなり始めても良いです。ただし解説が充実した問題集を選びましょう。

筆者はこれ↓で勉強しました。

テキスト(教科書)を読み込むのはあまりおすすめしません。眠くなるからです。手元に置いて、調べ物をするには役立ちます。

近年は受験条件の変更で、実務者研修修了者がほとんどです。テキスト(教科書)が無くても、ある程度の知識があるはずで、そんなに悩まず勉強は進められます。

スポンサーリンク

予想問題集(模擬試験)に取り組む

過去問題集の攻略だけでは、本番の試験で得点するには、ちょっと足りないです。実際の試験と同じ方式で、過去問ではない、予想問題(模擬試験)に取り組みましょう。

模擬試験形式予想問題に取り組む前に、目標を設定します。

  1. 総合得点は100点前後
  2. 各科目で必ず1点は得点(注)
  3. 午前・午後試験、各1時間以内で行う

(注)本番では「科目群」で1点を得点すれば大丈夫です。ここでは条件を厳しくしています。

本番での緊張や何らかのトラブルで集中できない時に備え、本番よりも厳しい条件で実施します。

  • 初めて取り組む予想問題(模擬試験)で、上記の得点(100点前後)を満たせれば上出来です。本番までその力を維持しましょう。
  • 90点前後と、得点が微妙な場合は、もう少し過去問の攻略とテキストの基本事項の確認が必要です。
  • 80点以下では、まだ予想問題(模擬試験)に取り組むのは、早かったという事になります。しかし無駄にはなりません。満点を取れる位に徹底的に復習をしましょう。

目標点数に届くまで繰り返す

合格得点に達するまで、予想問題集(模擬試験)を繰り返し取り組みましょう。

繰り返していくと、初めての予想問題(模擬試験)でも、手ごたえが出てくるはずです。

筆者はこれ↓を使っていました。


まとめ

介護福祉士の筆記試験は決して難易度は高くありません。しかし、しっかり準備しないと合格できません。本番で余裕をもって臨めるよう、勉強を進めていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事