介護福祉士国家試験_図記号

2019年の難問・珍問・奇問の一つとして、図記号問題が出ました。

避難場所、福祉関係の標識類は、過去に出題されています。関連の標識類もまとめて目を通して、覚えておきましょう。

避難場所の図記号問題

2019年の試験では、図記号問題が出ました。

イラストを見て、どのような意味があるか答える問題です。

同じような問題は、過去にも出題されています。過去問題にも触れていきます。

問題22
防災に関する次の図記号が意味している内容として、正しいものを1つ選びなさい。

避難場所

  1. 避難所
  2. 避難場所
  3. 土石流注意
  4. 地滑り注意
  5. 津波注意

前もって知らないと解けない問題です。しかし選択肢残り2つまでは絞れます。

「3.土石流注意「4.地滑り注意「5.津波注意の3つは、皆「注意」です。

「注意」には「黄色」が良く使われます。信号機、道路標識がそうですね。

この問題で出ている記号の色は「緑」「注意」ではありません。

残り2つから正解を選びます。「1.避難所」「2.避難場所」の違いは、「場」があるかどうか。

両者の区別を知らないと、分かりません。考えれば考えるほど、ごちゃごちゃになってしまいます。はっきり言って、知らなかったらどちらかを運で選ぶしかないです。

避難場所と避難所の違い
  • 避難場所
    一時的に避難する場所。この問題の図記号が示す場所です。安全な広場のイメージが、円形のイラストに表現されています。
  • 避難所
    避難生活をする所。イラストは建物が描かれている事が多いです。

内閣府のサイトより図記号の説明がご覧になれます。

避難場所等の図記号の標準化の取組(内閣府)
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/zukigo/index.html

解答:2

スポンサーリンク

車椅子マークの問題

図記号の問題は過去にも出題されています。2014年実施の試験です。「車椅子マーク」(障害者のための国際シンボルマーク)の意味を問う問題が過去に出ました。

2014年 問題14
次の図は、国際リハビリテーション協会が定めた、「障害者のための国際シンボルマーク」である。このマークに関する記述として、適切なものを1 つ選びなさい。

国際シンボルマーク

  1. 障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すためのものである。
  2. このマークは車いす利用者だけが使用できる。
  3. 障害者が運転する自動車には、このマークを表示することが義務づけられている。
  4. マークについての使用指針はなく、障害者への配慮があれば使用できる。
  5. マークのない建物、施設は障害者の利用を制限できる。

車椅子マークの問題です。自動車を運転する人なら、「3.障害者が運転する自動車には、このマークを表示することが義務づけられている。」を選んでしまいがちです。

実際、自動車に良く貼られていますし、ホームセンターやカー用品店で売られています。証明等がなくても誰でも買えます。

しかし自動車の教習所でそのように教えてはいません。免許証更新の時に受け取る冊子(交通教本)にも、そう書かれてはいません。

解くヒントと解答

問題文を良く読みましょう。ヒントがあります。問題文中に「障害者のための国際シンボルマーク」とあります。

だとしたら「2.このマークは車いす利用者だけが使用できる。」がおかしいですね。障害者は車椅子を使っているとは限りません。杖を使って歩いているかも知れないですよね。

「4.マークについての使用指針はなく、」もおかしいです。国際的に定められたシンボルマークなのに、使用指針が無いのは不自然です。

「5.マークのない建物、施設は障害者の利用を制限できる。」はどうでしょうか。マークが無い施設は、障害者が利用できないのはおかしいですね。

 解答:1 

参考:自動車で見られる他の標識

自動車で良くみられる標識をここでまとめます。

初心者マーク(若葉マーク)聴覚障害者マーク(蝶のマーク)高齢者マーク(落ち葉マーク)身体障害者マーク(四つ葉のクローバーマーク)の4種類です。

初心者マーク

正式には初心運転者標識と言います。普通自動車免許を取得して1年以内の初心運転者は、運転する自動車に掲示する義務があります。掲示しなかった場合は違反になります。

聴覚障害者マーク

正式には聴覚障害者標識と言います。聴覚障害者が自動車を運転する場合、このマークを掲示する義務があります。これも掲示しなかったら違反です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事