ケアマネ試験勉強は春に始めよう。準備すべき2冊。

ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)を今年受ける!と決めたら、今から(春から)始めるのをおすすめします。

この時期に準備すべき教材は、過去問題集テキストです。これらで勉強を始めて、基礎力を身に付けましょう。

春は過去問をマスターすべき

4~5月はずばり過去問をマスターするべきです。

過去問題集テキストを用意して取り組みましょう。

過去問題集の種類に注意

過去問題集にはおおざっぱに分類すると2種類あります。

  • 本試験形式 5肢から複数選ぶ
  • 一問一答形式(おすすめ) ◯か×を選ぶ

手軽に取り組める事から、一問一答形式過去問題集をおすすめします。

勉強し始めは解ける問題が少ないです。本番と同じ5肢複択だとハードルが高いです。しかし一問一答形式ならば、隙間時間を活用して少しずつ積み重ねができます。

過去問題集とテキストは同じ出版社に統一する

さらに過去問題集テキスト出版社を揃える事をおすすめします。勉強に集中するためです。

出版社が違うと、過去問題集テキストを往復するのに疲れます。デザインが違ったり、連携していなかったりするからです。

スポンサーリンク

主な出版社の教材

中央法規出版

福祉関係の総合出版社です。筆者は実質的に中央法規出版の本で合格しています。本屋さんの店頭では、目立つ所に置いてある事が多いです。



晶文社

晶文社はケアマネ特設ページを設けてあるほど、ケアマネ試験対策に熱心な出版社です。晶文社のTwitterで度々紹介される合格者のメッセージは、感涙ものもあります。一緒に頑張っている仲間が見えてきます。

晶文社ケアマネ試験対策シリーズは、カバーがなく、中はモノクロ一色で、実直な印象です。モノクロ一色だとメリハリが無く読みにくい一方、自分で色を付けられるというメリットもあります。


ユーキャン

資格の学習と言えばユーキャンです。他の資格試験勉強で、ユーキャンの教材に慣れているのなら、スムーズに入りやすいでしょう。

ユーキャンケアマネ試験対策シリーズも、良く本屋さんで見かけます。

テキストの表題は、他の出版社と違って「速習レッスン」になっています。


まとめ

ケアマネ試験の勉強を始めるのなら春が最適です。筆者も春から始めて、11月の試験で一発合格しました。

一気に教材を揃える必要は全くありません。まずは過去問題集とテキストを準備して、取り掛かりましょう。

紹介した3社は、全て合格実績が多数あります。どれを選んでも、しっかり活用できれば合格できます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事