ケアマネ試験再試験

2019年(令和元年)のケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)が台風19号の被害により、一部地域で中止になりました。

その再試験は2020年(令和2年)3月8日(日曜日)と決まりました。決まった地域の受験生はもちろん、その他の地域で台風被害のために受験できなかった人も、再試験の可能性に備え、勉強を続行しましょう。

情報は筆者が集めた2019年11月14日時点のものです。

2019年は異例の試験中止

2019年10月13日(日曜日)のケアマネ試験は、台風の影響により試験が中止となった地域があります。

台風19号が日本列島を通過し、各地で甚大な被害をもたらした結果です。

中止となった地域

  • 関東地方:東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、埼玉県
  • 東北地方:福島県、宮城県、岩手県、青森県
  • その他:静岡県、長野県、山梨県

上記以外の地域で、試験開始時間を繰り下げて実施した地域があります。そのため試験直後は、試験問題の持ち帰りが禁止、内容を他者に教える事は禁止とされていました。

関東地方で唯一、群馬県はケアマネ試験が実施されています。

スポンサーリンク

ケアマネ試験の再試験地域

ケアマネ試験が中止となった地域で、再試験が実施される事になりました。

  • 「中止」は文字通り解釈すると「実施しない」という意味です。
  • しかし再試験が改めて設定されました。2019年11月11日に厚生労働省老健局振興課からの事務連絡として再試験日が確定しました。

令和元年度 第22回 介護支援専門員実務研修受講試験 再試験

【日時】2020年(令和2年)3月8日(日曜日) 午前10時試験開始

各地域の再試験情報ページ

各地域の再試験情報のリンクをまとめました。

受験できなかった受験生の救済はあるか?

試験は予定通り10月に実施されたが、台風被害により受験できなかった受験生もいます。そんな受験生に救済=再試験の可能性があります。

こちらのサイトに情報があります→https://www.joint-kaigo.com/1/article-13/pg1180.html

台風被害で受験どころじゃない、生活が脅かされた受験生もいるでしょう。再試験が確定した地域の他、そのような受験生への救済として、再試験を検討している地域があるという事です。

その地域についてはまだ発表がありません。何ともむずがゆいですが、3月に再試験が受けられるかもしれません。その事を念頭に試験対策は続ける必要があります。

関東地方で唯一実施された群馬県

関東地方で唯一試験が実施された群馬県は、再試験の情報がありません。しかし救済の可能性があるようです。

他都県同様、被害により公共交通機関が使えず、受験できない人も続出したはずです。何等かの救済措置(再試験)を期待したいものです。

実施されたが受験できなかった地域の受験生

群馬県以外にも台風被害により、受験できなかった地域の受験生はいます。救済の可能性はゼロではありません。

再試験の情報が現時点ではなくても、まめに地域の社会福祉協議会等のサイトで情報を収集するようにしましょう。

まとめ

再試験が確定した地域の受験生は、試験対策を続行しましょう。

再試験が実施されるか分からない、しかし台風被害があって当日は受験できなかった受験生は、救済の可能性がゼロではありません。再試験に備え、試験対策を続行する事をおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事