ケアマネ研修で必要な物・不要な物

研修の持ち物

研修が始まる前は心配事がいっぱいあります。今回は研修で持ってきて良かったもの、要らなかったものを紹介します。

基本的に身分証(受講者証)テキスト類といった指定された物や、筆記用具だけを持参すればOKです。

会場に私物を置きっぱなしにはできません。

研修の都度、必要な物は持ち込む事になります。研修に持っていく資料(テキスト類)は重いです。なるべく荷物は減らしたいですね。

特に断りのない限り、2016年の神奈川県での例です。他の自治体・他の年度では異なる部分があります。参考程度にご覧ください。

スポンサーリンク

必須の持ち物

持っていて当たり前、持っていないと研修が受けられない物です。

筆記用具

鉛筆(シャープペンシル)、ボールペン(色は黒、赤、青などで3色以上あると便利)、消しゴム定規蛍光マーカーなどを用意しましょう。

「消せるボールペン」は持たないで!
実務を見据えての注意点ですが、消せるボールペンは絶対に使わないで下さい。温度変化で消えてしまいます。持つのもおすすめできません。研修後に実務で使ってしまったら、事故の誘因となりかねません。

資料(テキストやプリント類)

持参すべき研修資料のテキストやプリント類が、事前に指定されます。

必ず持って行きましょう。忘れた場合はお隣さんに見せてもらう事になります。

出席に必要な物(受講者証・出席カードなど)

他人に成りすますのを防ぐのと、出席ができているかの確認で必要です。

出席の際には事前に配布された出席カードに、番号と名前を記入して提出。受講者証を首から下げて受講していました。帰りは退席カードを提出しました。

現金等(交通費・食費)

研修会場までの交通費として現金交通系ICカードが必要です。まれに会場まで徒歩や自転車で行ける人もいるかも知れませんが。

お弁当を持ち込まない人は、昼食代としての現金も必要です。

持っていたほうが良い物

実際に研修を受けていて「これはあったほうがいいな」と思った物を紹介します。

カメラ(スマホのカメラ機能など)

板書された内容を、ノートに書き写す時間がありません。カメラで撮ってしまった方がいいです。

休憩時間にメモする事もできますが、後半になってくるとグループワークで他のグループの板書をチェックする事になります。とてもメモでは間に合いません。

時計

小テストの時に時計が無いと不便です。常にスマホの時計機能を表示させておく事はできませんからね。

会場の時計が見られる状態なら不要です。慣れてくれば時間内で十分に解けるため、時計は無くても大丈夫です。

休憩中に外出する時は、スマホの時計機能で代用できます。

付箋

テキストに目印を付けるのに便利です。

テキストはページ数が多く、一瞬で目的のページにたどりつくのは難しいので付箋が役に立ちます。

水分

研修中水分補給は許可されています。特に夏は熱中症対策のために水分は積極的にとりましょう。

皆さん好きな飲み物を机上に置いて研修を受けていました。

コーヒーやお茶等のカフェインが入っている物が人気です。それはなぜかと言うと、研修中は眠くなってしまうからです。

飴やタブレットなど

「食べる」方は基本ダメですが、飴やタブレット程度なら良いでしょう。

繰り返しになりますが、研修中は眠気が必ず襲ってきます。あからさまに寝るわけにはいきません。飴やタブレットがあれば少しは眠気対策になります。

クリップボード

路上アンケート等に使われる、机が無くても紙に記入できる文房具です。

厚紙や樹脂製でできています。

100円ショップや文房具屋で売られています。文房具屋でも数百円で購入できます。

大きな会場で一斉研修が行われる場合、机がありません。メモや小テストの時にクリップボードが無いと不便です。

ただしコロナ以降は一斉受講が控えられています。

実際に研修中はほとんど机のある所で行われていて、クリップボードの必要性を感じないかも知れません。

研修の後半になるとグループワークが始まり、他のグループの見学に行きます。机の無い所でメモを取る必要があります。

実習でもメモを取る時に必要です。

利用者の家にお邪魔したうえに、「メモを取るのでテーブルを貸して下さい」というわけにはいきませんから。

ひざ掛け

会場の空調が好みではない事は多々あります。特に女性は持ち込む人が多かったです。

冬は暖房が効かず寒い。夏は冷房が効きすぎて寒い。長時間座っているため、クッション代わりとしても活用できます。

    無くても良いもの

    研修を始める前は、「あった方がいいかな?」と思っていても、実際に研修が始まったら「やっぱり要らなかった」と言える物です。

    ノートやメモ帳

    基本的に研修は、講師のトークやグループワークで進んでいきます。板書は少ないです。

    グループワークが始まると、グループで一枚のホワイトボードを使ってまとめていきます。

    他のグループの板書も参考として記録に残したくなります。

    しかしノートに書き写すほどの「時間」はありません。書き写したい場合はカメラで撮って、後でじっくり見ましょう。

    付箋にメモする程度の時間なら取れます。

    指定された物以外のテキスト類

    荷物が増えてしまい、あまりおすすめしません。

    事前に「次に必要なテキスト類」が指定されます。

    指定されたテキスト以外の持ち込みは、特に制限はされていません。参考資料が手元に欲しいのなら持ち込みましょう。

    ボイスレコーダー

    ボイスレコーダーで講義を録音しても、聴きなおす時間がありません。

    研修中、ためになる良い話が多いのはいいことなんですが、とにかく長い研修です。

    試験勉強と違って、復習が大事というような勉強ではありません。

    まとめ

    ケアマネの研修で必要な物や不要な物をまとめました。分からないうちは、事前に指定された最低限の物を持って行くようにし、必要に応じて増やしていきましょう。

    快適なケアマネ研修ライフを過ごし、体調を崩さずに最後まで乗り切っていけるよう頑張りましょう。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事